2018年11月29日木曜日

11/23 (祝)ウェルカムフェスタ


1123日(祝・金)ウエルカムフェスタが開催されました。
 
関内にある横浜中央YMCA5階のアフタースクール(中央YMCAアフタースクール・横浜英和小アフタースクール・石川小キッズクラブ・本牧南小キッズクラブ)のブースでは「Let‘sジャングル探検」をテーマにゲームや工作・カフェを行いました。 

 石川小キッズクラブの子どもたちもこの日のために数日前に画用紙に草や動物の絵などをかいてくれました。 
 
 

当日はみんなが作ってくた装飾のおかげで、華やかなブースとなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
工作ブースではお面作りとペットボトル空気砲作りを行いました。

石川小キッズクラブのお友達も遊びに来てくれました。

また、お手伝いをしてくれたお友達もいました。

お店番をしたり、宣伝をしたり大活躍をしてくれました。
 
 
 
 
 
子どもたちがゲームや工作をしている間、保護者の方々には落ち着いてまったり待っていただこうと考え、今回カフェブースも設置しました。
 
 
 


当日は多くの方に足を運んでいただき、アフタースクールのブースでは45,437円の募金、

全体で964,090円の募金額となりました。

この募金はYMCA国際・地域協力募金とさせていただきます。

ご協力くださった方々、感謝いたします。

 

石川小放課後キッズクラブ 畠中さあ菜

2018年11月21日水曜日

11/20(火)出前ボッチャ体験会

今回初めてとなる出前ボッチャ体験会を実施しました。。
南区の地域振興課の方が来てくださり、ルール説明から、ゲーム体験を行ってくださいました。



―ボッチャとは―
東京パラリンピックの正式種目であり、ヨーロッパで生まれた、重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツです。
ジャックボール(目標玉)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

ボッチャの球です
説明をしてくれています

今回は、6人1チームになり、赤チームと青チームに分かれゲームをしました。



初めてするボッチャでしたが、だんだんと緊張がとけ、上手にジャックボールに近づけたり、お友達の応援をしてる姿が見られました。

近さを計るのにはメジャーを使います。



今回の体験会で少しでもパラリンピックに関心を持ってくれたらと思います。
体験会を実施してくださった南区地域振興課の方、ありがとうございました。




(石川小学校放課後キッズクラブ 戸塚)


2018年11月20日火曜日

11/17(土)さわやかスポーツ


1117日(土)、地域の方々主催のさわやかスポーツを中心としたイベントを石川小学校体育館にて行いました。
毎年恒例となっていますが、今年は30名近くの子ども達が参加してくれました。
このさわやかスポーツイベントは、ベーゴマや羽子板、けん玉、こまなどの伝承遊びと、さわやかスポーツ:ナインゴール、ラダーゲッタ―を行っています。

今回は、まず最初に間伐材を使ったキーホルダー作りをしました。
色をぬりぬり・・・
優しく教えてくれました

お手伝いに平楽中学のバドミントン部のお姉さんが来てくれ、子どもたちも嬉しそうな様子。。

  
ナインゴールは9つのまとをドッジビー(スポンジで出来たフリスビー)を投げて抜き取るというものです。

えいっ!

ラダーゲッターとは、ヒモでつながれた2このボールをラダー(はしご)に向かって投げ、ボールがはしごにひっかかるとポイントになるという競技です。





ベーゴマは難しい!
けん玉もしたよ



参加してくれたお友だちは普段関わることの少ない、中学生のお姉さんや、地域の方と触れ合うことができ、とても充実した日となりました。

今回協力してくださった全てのかたに感謝いたします。

キッズクラブでは今後も、地域のみなさんと協力して楽しいイベントを企画していきたいと思っています。是非ご参加ください。



  【主催】石川・打越地区連合町内会         

    石川・打越地区青少年指導員        
    石川・打越地区スポーツ推進委員協議会
【共催】中区さわやかスポーツ普及委員会



(石川小学校放課後キッズクラブ 戸塚)

2018年11月13日火曜日

10/29 (月) ハロウィンパーティー


1029日(月)、キッズハロウィンパーティーを行いました。

この日は土曜参観の代休日だったこともあり、朝から気合の入った仮装で登場する子もいました。



  



お昼ご飯が終わると、衣装に着替えてフェイスペイントをしてパーティーの始まりです。

  

今回は高学年が中心となり、ハロウィンパーティーを企画・運営をしてくれました。


グループに分かれ、お宝を探すミッションが与えられます。

お宝は校庭に隠されています。

それぞれ校庭を隈なく探します。




お宝を発見したグループ!うれしそう!



お宝は…おやつ券です。

おやつ券を持って、キッズルームへ!おやつ券とおやつ交換です。

どのグループも協力しておやつをゲットできました!




次は、ビンゴカードが配られ、ビンゴゲーム!




上位10名には豪華お菓子がもらえることもあり大盛り上がりでした。



今年も昨年度以上に可愛い、かっこいい仮装姿をみることが出来ました。

 



来年はどんなキャラクターが登場するかな・・・?












(石川小学校放課後キッズクラブ 畠中)

 

2018年11月9日金曜日

10/25(木) キッズコーディネーション



今年度第2回目のキッズコーディネーション。

横浜中央YMCAから健康教育部のガンバリーダーに来ていただきました。


前回は運動会前のかけっこ教室を行いました。

今回は前半に短縄跳び、後半は長縄跳びの縄跳び教室を行いました。



まずは…

縄跳びを持たずに跳びます。片足で跳んだり、縄跳びを下に置いて、ジャンプ!





縄跳びを持ち、前跳び、後ろ跳び、じゃんけんや片足跳び。



そのあと、二人一組になって、一緒に前跳びや後ろ跳びをしました。

息が合っていないと、なかなか続きません。



横一列に並んで、片足跳びをしました。



後ろ片足跳びは後ろへ進むことが難しく苦戦している子どももチラホラ。

最後まであきらめず、後ろ片足跳びを挑戦し続けて頑張っている子どもも…。

頑張っている子を見て、先に跳び終わった子どもが応援してくれている姿も見られました。


長縄では大回しでは入ることが怖くて、挑戦できなった子どもも

八の字まで挑戦できるようになりました。


また、跳べる子どもはダブルダッチまで頑張りました。



次回のキッズコーディネーションもYMCA健康教育部の方に協力していただいて、思いっきり身体を動かせるプログラムを用意しております。

また、機会がありましたら、ぜひご参加ください。

(石川小学校放課後キッズクラブ 畠中)

2018年10月23日火曜日

10/20(土)第21回インターナショナル・チャリティーラン!


この日秋晴れの中、第21回インターナショナル・チャリティーランが開催されました。
このインターナショナル・チャリティランは全国の障がいのある子どもたちを支援するために行われています。
5人1チームとなり、たすきをつなげて走り切ります。
石川小キッズからは8名のお友達と、リーダーが参加しました。


バスに乗って向かいます! 途中休憩の様子。。

がんばるぞー!おーーー!!!

この日のために、校庭で800m走る練習をしてきた成果なのか、本番でも緊張することなくみんながしっかりと走り切りました!

ゴールすると・・・6位という結果に!

また、自分の走る番が終わっても、まだ走っているランナーを応援していて印象的でした。

次のランナーへ

たすきを渡します!
応援に気づき手を振る余裕も・・・笑


走った後にはみんなで一緒にお弁当を食べ、抽選会にも参加しました。


お友達と一緒に身体を動かすことの楽しさや、同じ目標に向かって一生懸命努力すること、
様々な人と協力して社会の中で生きることの大切さなど、多くのことを肌で感じる機会になったなら嬉しいです。


お友達も応援に来てくれました!

お忙しい中チャリティーランに参加・応援するために足を運んでくださった皆さま、またチャリティーランの主旨にご賛同くださり募金をしてくださった方々、心より感謝致します。

そしてランナーのみんなおつかれさまでした!😊


(石川小キッズクラブ 戸塚)




—YMCAインターナショナル・チャリティーランとは?―
集められた寄附金で全国の障がいのある子どもたちに、キャンプなどに参加する機会を提供しようという趣旨で1987年に日本YMCA同盟国際賛助会のプログラムとしてはじまりました。


2018年9月29日土曜日

警報発令時の対応について



報道の通り、台風24号が接近しています。

キッズクラブでの対応は以下の通りです。



*参加要項に記載の通り午前7時の段階で、横浜市内に「暴風警報」が発表された場合は、キッズクラブも学校に準じ閉所します。

*キッズクラブ活動中に警報が発表された場合、保護者の方のお迎えをお願いします。

交通機関が不通となる場合もありますので、できるだけ早いお迎えをお願いいたします。

お迎えが17:00以降となる場合、800円の利用料+100円のおやつ代が発生します。

子どもたちの安全のためにも、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。