2019年5月22日水曜日

かけっこ教室


今週末はいよいよ運動会。
その前に、足が速くなるコツを教えてもらう「かけっこ教室」を行いました。
中央YMCAのガンバリーダーに来ていただきました。
50名ほどの子どもたちが参加しました。

準備体操から始まり、
グーチョキパーで走ったり、けんけんで走ったり、後ろ向きで走ったり、ライオン走りをしたり(下写真参照)・・・いろいろな走り方をしました。

みんな真剣にガンバリーダーの話を聞いています。走るコツはつかめたかな?

最後には2チームに分かれてリレーをしました。

1年生から6年生まで、校庭を一周して次の人にバトンタッチをして、相手チームを抜かさなければ終わらないというルールで、子どもたちは一生懸命走っていました!
自分のチームを大きな声で応援していました。


土曜日の運動会に向けて、今日教えてもらったコツを意識して全力で走ってください!
                    
                    (石川小学校放課後キッズクラブ 福嶋晶)

2019年4月23日火曜日

キャンディーレイ

新年度が始まりましたね。

今年度最初の工作プログラムで「キャンディーレイ」を作りました。

おいしそうなキャンディーが入っているネックレスです!





みんな自由にレイとなるビニール袋に自由に色を付けたりして
楽しそうに作っていました。




とくに子どもたちから聞かれたのが

「おいしそ~!!」
「食べてもいい?」と食べ物に興味津々な様子が多くみられました!

おうちに帰って、おうちの人に見れてあげてくださいね。



キッズクラブでは、工作プログラムをはじめ、
身体をうごかすスポーツプログラムなど行っています!

たくさんのご参加お待ちしております。


(石川小学校放課後キッズクラブ  林 まどか)

2019年3月13日水曜日

中央エリア合同キャンプ 2日目の報告

起床後、泊まった部屋や布団の片づけを行ってから全員で朝のラジオ体操。
そして今度こそ全員そろって朝食を食べることができました。

朝ごはん★

ラッキーなことに、山から下りてきたシカにも遭遇!
シカを一目見ようとした子どもたちが扉に詰めかけ、大きな歓声が上がりました。

 朝食後はもう一つの目玉プログラムである野外炊事を行いました。
施設の方にお話を聞きながら、野菜を切るグループとかまどを焚くグループとに分かれ、グループごとにおいしい焼きそばを作りました。
その後は1日目から大人気の芝すべりや、裏山探検、鬼ごっこなどをして自由に過ごしました。
野菜の準備中



片づけまでしっかりやります!

 帰りも行きと同様海ほたるで休憩をし、全員が無事に各クラブに到着することができました。

子どもたちがイレギュラーな予定変更も元気と明るさで乗り越えてくれたことに、驚きと頼もしさを感じました。今回は1泊2日の出会いでしたが、この絆が来年度以降も長く続いてくように、中央エリアスタッフ一同心を尽くしてまいります。今後ともご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年3月12日火曜日

中央エリア合同キャンプ 1日目の報告


2月23日(土)から24日(日)にかけて1泊2日のキャンプが行われました。
少し遅くなってしまいましたが、キャンプのご報告をさせていただきます。



中央エリアにある4クラブに在籍している児童49名で行われたこのキャンプは千葉県にある「君津亀山少年自然の家」で行われました。(石川小キッズからは27名の参加です!)

いってきまーす!!


大型バスに乗って、途中海ほたるでのトイレ休憩をはさみつつ、千葉県立君津亀山少年自然の家へと向かいました。到着後4クラブでの交流やグループ分けを行いました。緊張や不安そうな面持ちの子どもたちもいましたが、アイスブレイクやゲームを通じて徐々に子どもたちの表情も和らいでいきました。
アイスブレイク・・・ドキドキ。

外には芝滑りがあった♪

ネイチャークラフトは真剣に・・・


1日目の大きなハプニングは、施設の大浴場のボイラーが故障してしまったこと!!
バスで片道40分のところにある近隣の施設にお風呂を借りることになったため、夕食の時間を調整したり、お腹のすき具合に合わせて夜食も食べるなど、初日の予定は大幅な変更となりました。予定外ではありましたが子どもたちは楽しんで乗り越えてくれました。
夜はお待ちかねのプラネタリウム観賞をしました。きれいな夜空に歓声が上がっていましたが、「暗くて怖かった」と言う1年生もちらほら……。予定の変更に伴い、就寝時刻も30分遅くなってしまいましたが子どもたちは満足気な表情でした。



2日目に続く・・・



2019年3月7日木曜日

ピンクシャツデー




少し日が経ってしまいましたが、2月の最終水曜日は、ピンクシャツデーでした。




石川小キッズクラブでも、この日にむけて、いじめについて考える時間を持ちました。

低学年のお友達には、言われてうれしいことばいやなことばを自分自身で考えてもらい、
高学年のお友達には、“どうしたらいじめがなくなるか”を考えてもらいました。


真剣に自分の考えを言葉にしてくれました。




27日当日は呼びかけていたこともあって、ピンク色の服を着てきてくれるお友だち
がたくさん。それぞれが真剣に向き合ってくれました。


これがいじめについて考えるひとつのきっかけとなり、キッズクラブや学校など日々の生活の中で活かされ、「思いやりの気持ち」や「優しい気持ち」などが育まれることを願っています。
また、ピンクシャツデーをこれで終わりにせず、いじめや言葉の伝え方などについて日頃から子どもたちと一緒に考えていきたいと思います。




2019年2月19日火曜日

2/16(土) 大工さんが来る!


 
今回も()後藤住建および横浜市建設一般労働組合の方々にご協力いただき、「大工さんが来る!」のプログラムを行いました。今回は本棚作りです。



大工さんが釘を真っ直ぐ、力強く打つためのかなづちの持ち方や打ち方を丁寧に教えてくれました。1年生と上級生の二人一組のペア、2年生同士のペアで隣同士に座ります。

1年生も自分でくぎを打ち作ります。のこぎりも使いました。

「のこぎりコワーい!」と最初にいっていた低学年の女の子たちも大工さんと一緒にギコギコして、立派に完成させていました。

 下級生と上級生が、協力し合って、お互いの作品を作り上げている姿も見受けられ、縦の繋がりも感じることのできるプログラムとなりました。


また引き続き次年度も大工さんプログラを行えたらと思っています。

その際にはまた是非ご参加ください。

()後藤住建および横浜市建設一般労働組合の方々、ご協力感謝いたします。



 

石川小放課後キッズクラブ 畠中さあ菜

2019年2月8日金曜日

2/7(水) 防災教室


27日 防災教室


防災教室を実施しました。

キッズクラブでは年2回、避難訓練を実施しています。

今回は横浜市南消防署予防課の方を呼んで、お話や体験を通して子どもたちに防災について学んでもらいました。


「地震が起きた時にどうするべきか。」「日頃からどんな備えが必要か。」「どんなことが起こるか。」などの内容のDVDを見ました。



 DVDが終わり、、、消防士さんは「なぜ、91日が防災の日なのか知っている人?」、「地震が起きた時どんなもので頭を守るでしょうか。」などクイズを交えながらお話をしてくれました。

子どもたちは積極的に手を挙げて、そのクイズに答え、知識を深めました。


また、災害にあって、お家の人と離れ離れだった時の待ち合わせ場所を決めておくこともとても大切ということを子供たちに伝えていました。



そのあと、外に出て煙体験をしました。



 煙体験は吸っても体に害のないあまいにおいのする煙を使用していました。


「前は真っ白で何も見えなかった。」といっている子どももいました。

低学年は前に進むことに夢中で両手を床について進んでいましたが、高学年はハンカチで口をふさぎながら、前に進んでいました。さすが、高学年ですね!

毎年学校やキッズで行っている避難訓練が身についている様子を伺うことができました。



消火器取扱訓練も行いました。





消火器の取扱い方を全体に説明されたあと、3年生からリーダーには実際に消火器をもって、訓練に参加していただきました。


このプログラムが終わった後、参加できなかったリーダーに消火器の取扱い 
方を絵で描いて、教えてくれた子どももいました。



 いざというときのために、しっかりと学べた様子でよかったと思います。

子どもにも大人にもとても大切なことを教えてくれたため、年に一回取り入れていきたいプログラムだと感じました。



横浜市南消防署予防課予防係の方、ご協力くださり感謝いたします。


石川小放課後キッズクラブ 畠中 さあ菜